ダマされるな!!覚醒スキルの落とし穴






覚醒スキルも種類がどんどん増えていきますね。

増えるとその分その効果も把握しなければいけません。

誤った認識をしているとうまく使えなくなります。

今回は誤解されやすい一部の覚醒スキルの紹介です。



【スキルブースト+】 【操作時間延長+】



【スキルブースト+】
チーム全体のスキルが2ターン縮まった状態で始まる

影響を受けるのはこの子
《深蒼の宝石姫・カラット》


カラットのスキルは
「2ターンの間、チーム内のスキルブーストの覚醒数に応じて攻撃力が上昇」 です。

スキル説明に表記されているのは「スキルブースト」

つまり「スキルブースト+」はこのスキルの対象にはならないということです。

同じ「スキルブースト」系だから1つ分加算や、「+」が付いているから2つ分加算だと勘違いしていた方も少なくないのではないでしょうか?




【操作時間延長+】
ドロップ操作時間が1秒延長される

影響を受けるのはこの子
《金緑の宝石姫・シーン》



シーンのスキルは
「2ターンの間、チーム内の操作時間延長の覚醒数に応じて攻撃力が上昇」

カラット同様スキル説明に表記されているのは「操作時間延長」です。

「操作時間延長+」は「+」が付いているので、シーンのスキルの対象外になってしまいます。




どうですか?同じ内容で上位の効果を発揮する覚醒スキルでも、こういったスキルを使う時は足を引っ張る形になってしまいます。

最近では、お正月イベントモンスターのアマテラスが上方修正されました。

その内容の一部に「スキルブースト+」を「スキルブースト」×2に解体していました。

この発表の時、「なんで?」「子供だまし」「詐欺」などいろんなコメントがツイートされていましたが、おそらくこういうスキルを使うためです。

わざわざ解体することによりカラットのスキルに0だった加算を2加算できる様になったということです。

極端な話、ウェルドールはスキルブーストが5つ付いていますが、これが「スキルブースト+」5つだと、カラットからすると5と0で前者の方が役立ちます。(スキルブースト+が5つなんて化け物すぎて欲しすぎますね)


以上一部の覚醒スキルのちょっとした落とし穴のお話でした。



《おすすめ 関連記事》
2色陣でコンボを増やす組み方
敵モンスターのHP割合
魅せよう!カッコイイ落とし十字消し!!
タイプ別・潜在キラー表
冒険者の秘密~強制召喚~
今更聞けない潜在覚醒の上がり幅
結局どれが強いの?火力UP覚醒スキル


オススメ記事まとめ





↓応援して頂けると嬉しいです 1クリック↓

パズル&ドラゴンズランキング










Category: しぇいくのパズドラ講座
Published on: Fri,  19 2018 11:13
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

覚醒スキル お勉強

0 Comments

Post a comment